アーカイブ

カテゴリー

2017年9月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

9月20日 小澤竹俊先生の講演会がありました

テーマは、
『人生の最期を迎える時、人は穏やかに過ごすことができるでしょうか。』
でした。

テーマだけを読むと、内容が重たく感じてしまうの
ですが、それを重たく感じないようにわかりやすく、
時にはユーモアも入れて伝えて頂き、大変共感する
内容でした。

また、機会があれば一人でも多くの方に聴いて
頂きたいです。

講演の中で、“引っ掛かった言葉”などをいくつか
紹介します。

・穏やかである場合 ⇒ その理由をキャッチする
・穏やかでない場合 ⇒ その理由をキャッチする
                答えられるものと答えられないものがある

・観察⇒聴く⇒(沈黙)⇒問いかけ

・自分の伝えたいことがわかって貰えた時に思わず
 出る言葉  ⇒ 『そうなんです!』

・わかってくれるには資格は要らない。
 何気ない変化に気づくことが大切。

・4つの苦しみ
 身体的な苦しみ、精神的な苦しみ、社会的な苦しみ、
 スピリチャルな苦しみ

・何気ないことや行動が、子どもたちに影響を与える。

・支えとなる関係は見えるだけではない。

・何もできない私でも、自分のことを大切に思えること。

・苦しみを通して、気づく本当の支え。

・ありのままの自分が好き

・誰かの支えになろうとする人こそ、一番支えを必要と
 しています。

これから、10年後には「多死時代」になると言われて
います。
家族や大切な人を看取るときに、どのような状態で
どのような思いで、どのように接するかで、最期が
大きく違ってくるように思います。

それは、常日頃から、どのような言葉を遣い、
人と接し、どのように行動していくかで、与える
影響も違うはずです。

人との接し方やこれからの社会について、改めて考えさせて
頂ける講演会でした。

10649535_1887267468081083_8709431148018286254_n[2]

Comments are closed.